ミラクルニキ課金をカードでする方法3つのポイント

ミラクルニキでリセマラはしない?

みなさん、着せ替えRPGゲームアプリの『ミラクルニキ』を楽しんでプレイしていますか?

 

ミラクルニキは全世界で一億ダウンロードされたソーシャルゲームです。

 

ソーシャルゲームといえば、『課金』ということをされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

課金をする方法はiTunes Cardだったり、Google Play Cardだったり、カードで課金するという方も多いのでないでしょうか。

 

そこで、どういう方法でカードを使って課金するか紹介していきたいと思います。

課金方法

ミラクルニキ 課金 カード

 

それでは、ミラクルニキを課金する方法を紹介していきたいと思います。

 

課金とは

 

ミラクルニキだけに限りませんが、ソーシャルゲームでは、課金アイテムというものが存在します。

 

ミラクルニキでは『ダイヤ』がその課金アイテムにあたります。

 

『秘密の館・幻の部屋』や『コリドーNight&Day』といったガチャを無料期間以外で引くには、必ずダイヤが必要です。

 

また、ダイヤでしか購入できないコーデアイテムもあります。

 

ダイヤを使って体力を回復することもできます。

 

このようにダイヤを使うことって多いですよね。

 

>>ダイヤは無課金で超余裕だけどwwwww<<

デイリー報酬やイベントの報酬などで貰うこともできますが、課金することでダイヤを増やすことが可能です。

 

そもそも課金というのは、リアルマネー(日本では円というように、現実の通貨)でダイヤを購入することです。

 

チャージをする前にすること

ミラクルニキ 課金 カード

 

ミラクルニキに課金をする前に、しておかなければならないことがあります。

 

それは、iPhoneやiPadなどは「Apple Store」に、Androidは「Playストア」に、それぞれリアルマネーを入れておかなければなりません。

 

リアルマネーを入れる方法は様々ありますが、ここではカードを使った課金の方法を紹介します。

 

カードというのは、「Apple Store」では『iTunes Card』、「Playストア」では『Google Play Card』という2種類があります。

 

これらのカードは、コンビニやドラッグストア、家電量販店チェーンなど、現在では至る所でカードを買うことができるようになりました。

 

カードの種類も豊富になり、自分が欲しい金額を設定して買うことができるカードもあります。(金額は1500円~です。)

 

自分にあった金額のカード・自分の携帯のカードを選んで買いましょう。

 

カードのコードを入力

 

カードを買っただけでは、ミラクルニキに課金されません。

 

カードを買ったら、裏にある銀色のシールを10円玉を使って削りましょう。

 

そうすると、コードがでてきます。

 

そのコードを入力するために、『iTunes』か『Playストア』を開きます。

 

『コードを利用・入力」という所があるので、カードにあるコードを入力します。

 

入力すると携帯の方に金額が追加されます。

 

ミラクルニキにチャージする

 

ここまでやって、やっとミラクルニキを開きます。

 

開いたら以下の通りに進めていきます。

 

  1. 右上にあるダイヤの『+マーク』をクリック
  2. チャージ金額の一覧が出て来るので、チャージする金額のところをクリック
  3. 年齢を聞かれるので、当てはまるものをクリック
  4. チャージが完了する

 

このとき、チャージ報酬がある場合はメールボックスから受け取りましょう。

 

以上が課金の方法です。

 

まとめ

ミラクルニキ 課金 カード

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回はカードの購入から、ミラクルニキにチャージするまでの方法を紹介させていただきました。

 

イベントが開催されている期間中にチャージすると、チャージ報酬が貰えます。

 

その期間を狙って課金をするとお得なので、ぜひしてみてくださいね。

 

 

お金をかけずに自分好みのカスタマイズや

アイテムをゲットしたい方は

下記を参考にしてみてください(^^)

 

ここまで読んでくれた

あなたには今回だけ特別に

課金せずにダイアを大量に

ゲットする裏ワザを教えますね!

 

 

この裏ワザはいつ終了するか

分からないので今のうちに

やっておくことをおすすめします。

 

あなたも有利にミラクルニキを攻略していってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。